日焼け対策

なぜ、シミはできるの?

シミ顔にいつのまにかできてしまっている"シミ"。このシミはどうしてできるのでしょうか?

肌は、紫外線を浴びるとメラノサイトという色素細胞が「メラニン」という色素をたくさん作り出し、これがシミの原因となります。

しかし、メラニンはシミの元にはなりますが、紫外線から肌を守るという重要な働きをしています。

メラニンがなければ、紫外線が肌の奥まで入り込んで、皮膚がんなどの原因になります。

紫外線は波長の長さにより、「UVA(紫外線A波)」、「UVB(紫外線B波)」、「UVC(紫外線C波)」に分けられます。

UVCは地上に届くことはありませんが、UVAは肌を黒くする日焼けを、UVBは炎症を引き起こします。

海水浴などで日焼け止めクリームを塗りますが、日焼け止めクリームには「PA」や「SPF」という数値が入っています。

PAは「UVA(紫外線A波)」を防ぐことのできる数値、SPFは「UVB(紫外線B波)」を防ぐことのできる数値です。

ただ、この数値が高ければ良いというものではなく、薬の成分が強ければ、それだけ肌に負担をかけるおそれもあります。

 

 

日焼け止めクリームの選び方

容量は小さいものがオススメです日焼け止めクリームを塗っているのに日焼けしてしまった...、ということはないでしょうか?

自分の肌に合った日焼け止めクリームを塗るというのは、意外に難しいのです。

まず、日焼けをすると肌が黒くなる人と赤くなる人がいます。

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られますが、その量は人により異なります。

黒くなる人はメラニン色素の量が多い人で、赤くなる人は量が足りず、炎症を起こしてしまう人です。

次に、日焼け止めクリームには、「PA」や「SPF」という日焼け対策の目安となる数値が入っています。

PAは3段階に分かれており、「UVA(紫外線A波)」をどのくらい防止できるかという目安になります。

効果の度合いは「+」の数で表示されます。

・PA+ = UVA波の防止効果がある。
・PA++ = UVA波の防止効果がかなりある。
・PA+++ = UVA波の防止効果が非常にある。

また、SPFは「UVB(紫外線B波)」を防ぐ目安で1~50+まであり、数字が大きいほど日焼け止め効果は高くなります。

「PA」と「SPF」を組み合わせた日焼け止めクリームを、ちょっとした外出程度でしたら数値の低いものを使用し、長時間屋外で紫外線を浴びるような場合は、数値の大きなものを使用というように使い分けるとよいでしょう。

 

 

紫外線を防ぐ方法

日焼け対策紫外線が1日のうちで一番多いのは、午前10時ぐらいから午後3時あたりまでといわれています。

この時間帯に外出するときは、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、UVカット素材の服を着用したりして、紫外線対策をしましょう。

ただ、波長の長い「UVA(紫外線A波)」は朝から地上に届きますし、曇りの日でもなくなるわけではありません。

つまり、外出時に紫外線対策を忘れてはいけないということですね。

紫外線防止用の化粧品が売られており、メイクするだけでUVカットできる便利なものですが、肌に合わないものをつけると肌荒れをおこすことがあります。

ところで、洋服の色にも紫外線を通しやすいものと通しにくい色があります。

「白」は通しやすく、「黒」は通しにくいといわれています。

日傘の色などは白が多いですが、あれは日傘全体にUV対策が施されていますから、だいじょうぶなのではないでしょうか。

夏は色の薄い服が多くなりますが、色の濃い洋服の方が紫外線は通しにくくなります。

紫外線防止スプレーも売られていますから、外出時にはスプレーしておきましょう。

 

 

 

スキンケア
シミ

 

このページのトップへ